HOME>アーカイブ>相手ともめず離婚を成立させるために行うべきこと
相談

どのような場所に依頼するのか

性格の不一致や子供の教育に関することなど、様々なことが原因で離婚する夫婦は珍しくありません。しかし、円満に離婚するというケースはまれで、親権を巡っての争いや慰謝料などで、相手ともめてしまうことは多くあります。また不倫などのケースは、不倫相手からも慰謝料を取ることになるため、関連人物が増えさらに話し合いが複雑になってしまい離婚成立までの道が長引いてしまうことも。スムーズな離婚のためには、弁護士や探偵、離婚カウンセラーなどの離婚相談窓口を利用してみるのが良いでしょう。特に、初回の相談のみは無料というところも多いので、様々なところに話を聞いてもらいどの窓口に依頼するか決めるという方法を取るのもおすすめです。無料相談の回が終了すると相談料金という費用がかかりますが。費用は場所によって異なりますがおよそ30分5000円程度のところが多い傾向にあります。

離婚にかかる費用について

離婚相談金の他にも、様々な費用がかかるので覚えておくと良いでしょう。まず一つが着手金です。弁護士を雇い対応を依頼した際にかかる費用で、初期費用のようなものです。20~30万円程度かかるのが相場です、あとで戻ってくることはないので必ず事前に用意しておきましょう。そして、晴れて離婚が成立すると報酬金というものがかかります。提示していた慰謝料をそのままもらえた、減額された、など成功の度合いなどによって費用は異なるので、成功報酬制度と呼ばれることもあります。他にも、浮気調査の際に探偵にかかる実費や日当、交通費なども負担する必要があります。このように様々な費用がかかりますが、調停を長期化せずスムーズに離婚するためには、やはり専門機関を頼るのが最適と言えるでしょう。無料期間を上手く利用し、信頼できる相談先を見つけることが重要です。

広告募集中